資金が銀行口座をジプシー。振込手数料を浮かせ!

PAK96_bistrofork_TP_V.jpg

ひとまず全資金の3割ほどは証券口座においたままになっているが、その他の資金は銀行口座に入っている。

ご存じのとおりゼロ金利でどこの銀行も金利はしょっぱいもので、都市銀に至っては遂に普通預金金利が0というところも出てきた。(実際には端数がある)

2017/2/12 現在、それでもある程度の定期金利をひねり出す地方銀行はあるようで、ざっと調べた感じではこんな感じになっている。
(新規口座開設の場合のみや、100万まで等は省いている)

鳥取銀行 0.26%(ふるさと納税なども絡み、複雑)
静岡銀行 0.23%
愛媛銀行 0.22%

AEON銀行は、SELECTカードを作っておくと、普通預金で0.1%となるので、ひとまず行き場所を探すのや、期間の管理が面倒であれば突っ込んでおくといいだろう。

一時期頑張っていた荘内銀行は残念ながら落ちこぼれ、0.06%等という悲しいことになっている。
かくいう私もここに預けていたのだが、めでたく満期になったので資金の脱出を図ることとした。

このとき困るのが脱出の際の限度額と、手数料である。

限度額は1,000万のところが多く、金利分でこれを超えると、2回に分けねばならず、3万以上で1回(540円)、以下で1回(324円)と、系864円、アホみたいな額を盗られることとなる。

ということで、かねてから考えていた、これを浮かす方法を実行してみることとした。

やり方は簡単で、どこか信用のあるFX会社の口座を開き、銀行からFX会社へとオンラインで入金を行う。
FX会社は、とにかく資金を入れてほしくて入れてほしくてたまらないため、この入金の際の振込手数料が無料のところが多い。

あとは、そのままFXの取引などせず、目的の銀行口座へ無料出金してしまえばよい。

となれば、次はこの手の(クレジットカードや、FX口座)作成をする際は、ポイントサイトが高額なものを提示している場合が多い。
これを探す。以前P-one wizカードを作る際に使った、ポイントサイト比較サイトにてFXで検索。高額なものを探す。


現在は「えんためねっと」というところが22,000円で行っているようだ。1取引必要だが、これは南アフリカランドでも買っとけば8円くらいなのでよいだろうw

ってゆうか、22,000円もあったら、税金で盗られる分考えると、1,000万の年間金利を上回りますが‥w


‥‥と、思ったら、荘内銀行はどこのFX会社のクイック入金にも対応してねぇ!!!!!

バッカ野郎‥。

はいはい、864円払います。

そして二度と入金しません。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

パズル&ドラゴンズ ブログランキングへ